オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

多機能な素材

ユニット

最も自由度の高い住宅は「注文住宅」だと言われています。自分の思い描いている住宅をそのまま実現することができる夢の住宅だと言われていて、世界に一つしかない住宅を建てることができます。
設計はデザインはもちろん、使用する素材なども予算以内であれば自由に変更することができます。テーマに沿った家を建てることができるため、インテリアを楽しむには最適です。
その注文住宅でも最も注目されている素材が「自然素材」です。自然素材は主に木材となっていて、とても健康的で経済的だと言われています。つまり多機能な素材ということなのです。

自然素材には多くの機能があります。それは人間にとって、そしてお財布にも優しい機能ということで人気を集めています。たかが木材なだけではないのです。木の持つ性質には多くの機能があり、住宅を支える以外の役割も持っているのです。
注文住宅では素材が選べますが、他の住宅では選ぶことができません。自然素材で建てられた建売住宅を購入することはできますが、デザインをこだわることができなくなっています。多機能でデザイン性にも優れた自然素材を最大限に活用することができるのは注文住宅しかないのです。

冬と夏に強い住宅

注文住宅ではデザインをこだわることが注目されていたのですが、現在はデザインだけではなく機能も重視されています。どちらも取り入れることができるのが自然素材です。
デザインと機能をそれぞれ別のものとして注文住宅に取り入れると予算を越えてしまいかねません。しかし自然素材はひとつで二役の機能を持つため低い予算で取り入れることができます。
住宅にとってとても重要な事は、暑い夏と寒い冬に負けないことです。しかしそのような贅沢を叶えることができるのは冷暖房機器しかないだろうと誰もが思うことでしょう。実は自然素材はその贅沢を叶えることができるのです。

自然素材には「断熱性」があります。断熱性とは熱をすぐに通さない性質のことを言います。例えば、鉄は熱をすぐに通してしまいますが、木材はどんなに熱いものを置いた後にその場所を触っても温かいと感じる程度でしょう。
自然素材は熱を吸収することができるのです。そしてその熱を素材の中に保管し、寒くなった時には温か味を帯びているのです。つまり、夏には熱を吸収し、冬には熱を放出するのです。
住宅は外気からの影響を受けやすくなっています。コンクリート素材で出来た住宅は夏の暑い時期にはコンクリートを伝い住宅の中は暑くなってしまいます。冷房をつけてもすぐに冷えることはなく、さらに強く冷房を利かさなければ涼しさを感じにくくなります。
しかし自然素材を使用していると外気からの影響をあまり受けず、さらに室内を暖めるようなことはしません。冷房は強く付けなくっても室内はすぐに涼しさを感じることができるようになります。

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031